爪水虫の薬

爪水虫とは?爪白癬の原因・症状・治療薬・薬について

爪水虫の薬

爪水虫の治療に使われる飲み薬は「ラミシール錠」が一般的です。塗り薬では爪の下まで有効成分が浸透しないため飲み薬で内部から治療します。ただし、このラミシール錠は副作用が強いため服用には注意が必要です。

肝機能や腎臓に障害を持っている方、また他の薬との飲み合わせによっては服用できないことがあります。爪水虫の治療は長丁場になりますので、出来る限り体に負担をかけずに治療したいものです。

ここで、欧米で人気の塗るタイプの爪水虫薬「Dr. G’sクリアネイル」をご紹介します。この薬は、医師の処方によるものではなく一般に市販されているものです。

クリアネイルは、爪の中の白癬菌にまで浸透する米国の特許技術を採用した製品ですので、日本で売られている塗り薬では出来なかった爪水虫の治療が可能です。もっとも、白癬菌の殺菌効果としては日本でもよく使われているラミシールの方が強いので、爪水虫以外の水虫ならばクリアネイルを選ぶ必要はありません。

水虫治療に処方される内服薬はとても強い薬です。内蔵に負担をかけないためにも、まずは外用薬による治療に望みたいところです。「Dr. G’sクリアネイル」にて爪水虫を治療し、同時に「ラミシールクリーム」で他の水虫を治療するのが最良の選択になります。

売れ筋ランキング


ダブル対策お買い得セット

Dr. G’sクリアネイル

爪水虫完治セット

基礎知識