治療時の注意点

爪水虫とは?爪白癬の原因・症状・治療薬・薬について

治療時の注意点

Dr.Gクリアネイルは爪水虫を自分で治療できる優秀な市販薬ですが、反対に考えれば自己管理がとても大事になるということも覚えておいていただきたいと思います。

爪水虫とは長い戦いになります。もちろん個人差はありますが、ラミシール錠で6カ月の服用、イトリゾールで3カ月の服用と3カ月の経過観察が必要ですので、Dr. G’sクリアネイルでも少なくとも3~4カ月程度、親指の爪なら6カ月程度の爪が生えかわるまでは塗り続ける根気強さが必要となります。

「きれいな爪が見えてきたから」と治療をやめてしまうと、再発してしまい今までの治療が水の泡となることも珍しくありません。クリアネイルの場合、ペディキュアの上からでも使用できますので、爪がきれいになってからも余分に治療を続けても困ることはありません。

また、爪水虫に限らず水虫は自分だけの問題ではないことも意識する必要があります。水虫の原因は白癬というカビの一種が巣食うことによります。カビは住めるところなら選ばずに発生しますから、条件さえ揃えばどの人にも水虫は発生するのです。

家族や身近な人に水虫の方がいれば、白癬菌が移る可能性は飛躍的に上昇してしまいます。このような事からも、しっかり治療を行うことがとても大事になります。

売れ筋ランキング


ダブル対策お買い得セット

Dr. G’sクリアネイル

爪水虫完治セット

基礎知識